自毛植毛と飲酒

自毛植毛と飲酒について

飲酒

自毛植毛はクリニックで治療を受けたら完了というわけではなく、その後のケアも慎重に行っていかなければならず、飲酒によるアルコールの摂取は控えなければならない点の一つとなっております。

 

専門医の判断によって異なるので一概には説明することができませんが、自毛植毛の治療を行ってから4日目くらいまでは飲酒を控えた方が良いと告げられるはずです。

 

飲酒によって血行が良くなりすぎれば身体に痛みが生じるかもしれませんし、抵抗力の低下を招く危険性もあるので自毛植毛の治療に限らず、他の手術でも禁止されております。

 

痛みや出やすくなれば毎日の生活に支障が出るのは間違いないですし、「少しだけなら大丈夫」と自分の判断でビールを飲み、気分が悪くなったという患者さんは決して少なくありません。

 

少量のアルコールであれば飲酒自体が身体に悪いことではないため、引き起こされる悪影響は少なくて済むかもしれませんが、ついつい飲み過ぎてしまう方は念のために自毛植毛の手術後4日までは控えるべきです。

 

恐らく、自毛植毛の施術を受けるために当サイトでご紹介しているTOMクリニック美容外科を受診しても、飲酒はできる限り控えるべきだと伝えられるでしょう。

 

医師の指示に従わなければ思わぬトラブルが引き起こされる原因となり、結果的に苦しんでしまうかもしれないので、TOMクリニック美容外科で安全性の高いARTAS植毛を受ける場合もアルコールの摂取は避けてください。

 

 

>>> TOMクリニック美容外科の詳細はこちら

 

 

さて、自毛植毛の治療後の飲酒による影響に関しては、手術の方法によって変わるという特徴があります。

 

上記でご紹介したTOMクリニック美容外科ではメスを使用しない施術が採用されており、頭皮から出血が引き起こされることはないため、多少の飲酒であれば大きなトラブルに発展することはないはずです。

 

その点、メスを使った治療の場合は術後もまだ出血は続いており、その状態でアルコールを体内に入れて血行を促す行為は危険だと説明できます。

 

基本的に、自毛植毛後に飲酒を控える期間に関しては医師と相談をして決める形となりますが、抜糸が完了する2週間程度は念のために禁酒をした方が良いかもしれません。

 

いくら技術力の高い医師による施術を受けられたとしても、アフターケアが間違っていては意味がないですし、少しでも自毛植毛による定着率を上げる努力をしなければならないのです。

 

また、自毛植毛が医療行為である以上、手術の当日も万全のコンディションで臨まなければならず、体調が悪いと感染症にかかるリスクが高まるので十分に注意しましょう。


「自毛植毛のアフターケア」に関するページ