自毛植毛とヘアスプレー

自毛植毛とヘアスプレーについて

「自毛植毛の治療を行った後にヘアスプレーを使っても良いの?」という疑問を抱える方はいらっしゃいます。

 

基本的にヘアスプレーの中にはどの種類でも化学成分が含まれており、髪の毛や頭皮に悪影響ということは間違いありません。

 

自毛植毛の治療を行った後はデリケートな状態になっており、ヘアスプレーの使用によって植えつけた毛包が剥がれ落ちやすくなる可能性があります。

 

クリニックに在籍している専門医の指示によって異なるものの、植毛した部位への刺激をできる限り避けるためにも、術後48時間以内はヘアスプレーの使用をやめた方が良いです。

 

もちろん、植えつけていない部分の整髪料は特に問題がないので、今までと同じように使用することができます。

 

それでも、自毛植毛の施術を行ってから数日間のケアの方法によって、頭皮への定着率が異なるという特徴があるため、植えつけた部位にヘアスプレーといった整髪料がかからないように注意するべきです。

 

このサイトでご紹介しているTOMクリニック美容外科の医師に尋ねても、術後のアフターケアには気を配らなければならないと説明を受けると思います。

 

「術後何時間が経過すれば問題ないのか?」「術後何日間は頭皮のケアに気を配らなければならないのか?」といったことは専門医にしか分からないので、アフターケアの仕方の説明をきちんと受けるべきです。

 

TOMクリニック美容外科はサポート体制に優れており、患者さんの立場に立って最適なケアの方法を指示してくれるので、薄毛の悩みを抱える方は一度無料カウンセリングに申し込んでみてください。

 

 

>>> TOMクリニック美容外科の詳細はこちら

 

 

さて、自毛植毛の治療を行った後だけではなく、通常の状態でもヘアスプレーやヘアワックスの使用には細心の注意が必要となります。

 

薄毛や抜け毛を気にしている方は特に、これらの整髪料を使わないようにしているかもしれませんが、この中に含まれている成分自体が悪影響を及ぼすことはありません。

 

しかし、頭皮にヘアスプレーやヘアワックスがベットリと付着するような使い方をしていると、成分が毛根を塞ぐ形となって発毛の促進を妨げて抜け毛が酷くなる原因となるのです。

 

特に、ムースやジェルといった整髪料と比べて、霧状で吹きかけるタイプのヘアスプレーは毛根を塞ぐことが多いため、薄毛を気にしているのであれば普段から使いすぎないようなケアを行った方が良いでしょう。

 

もし整髪料を使用したのであれば、毛穴に詰まった汚れを落とすためにその日のうちにシャンプーを行い、綺麗に洗い流すようにしてください。


「自毛植毛のアフターケア」に関するページ