自毛植毛後のブラッシング

自毛植毛後のブラッシングはいつからできる?

クリニックで自毛植毛の手術を受け、どのくらい経てば髪の毛のブラッシングができるのか疑問を抱えている方は多いかもしれません。

 

「術後○日後から」とは明確に定められていないものの、自毛植毛後は無駄な刺激を避けた方が良いという点はどの病院で処置を受けても一緒です。

 

自毛植毛でドナーを移植した数日間は頭皮がデリケートな状態となっており、完全に移植毛が定着するのは2週間後だと考えられています。

 

そのため、頭皮や髪の毛に刺激が加わるようなブラッシングは、2週間以上は控えた方が良いでしょう。

 

もちろん、「ドナーロスを防いで頭皮の定着率を高めるために1ヶ月間はブラッシングを控えた方が良い」と指示する医師もいるはずなので、詳細は担当医に伺ってみるのが一番です。

 

自毛植毛について知識と経験を持った専門医ならば、頭皮の定着率を少しでも高めるためにどのようなケアを行えば良いのかアドバイスしてくれます。

 

術後の過ごし方によって自毛植毛で得られる効果が変わると言っても過言ではないので、きちんと心得ておかなければなりません。

 

当サイトでご紹介しているTOMクリニック美容外科はアフターサポートが整っていますし、限られた医療機関でしか受けられないARTAS(アルタス)による自毛植毛が魅力的なので、まずは無料カウンセリングを受けてみてください。

 

 

>>> TOMクリニック美容外科の詳細はこちら

 

 

さて、上記では頭皮や髪の毛への無駄な刺激を抑えるために、自毛植毛を受けた後はブラッシングを一定期間に渡って控えるべきだと説明しました。

 

しかし、それ以外ならばブラッシングは毎日の生活で取り入れた方が良く、どのような効果を得られるのか下記ではまとめてみたので一度確認してみましょう。

 

 

  • 頭皮を刺激して血行不良を改善することで髪の毛に栄養素を行き渡らせる
  • 洗髪前に行うことで髪の毛に付着したホコリなどの汚れを落とせる
  • 皮脂の分泌が適度に活性化されてツヤのある頭皮や髪の毛を維持できる
  • 外出先から帰った後やお休み前のブラッシングが特に効果的

 

 

丁寧なブラッシングを心掛けることで上記のような効果が得られますし、頭皮や髪の毛の健康を保つために欠かせないのです。

 

ヘアブラシは自然なツヤを出せる獣毛製や軽くて使いやすいナイロン製、静電気が起こりにくい木製など様々な種類の製品が販売されています。

 

ただし、ナイロン製やポリエチレン製のブラシは静電気が発生しやすく、抜け毛や薄毛で悩んでいる方には適さないので注意してください。


「自毛植毛のアフターケア」に関するページ