自毛植毛とブラシ

自毛植毛とブラシについて

「自毛植毛を行った後どのくらい経てば頭皮クレンジングブラシを使用しても良いの?」という疑問を抱えている方はいらっしゃいます。

 

これはクリニックの専門医の判断によって異なるため一概には説明できないものの、自毛植毛の治療を行ってから1ヶ月間は避けた方が良いかもしれません。

 

どんなブラシを使用するにしてもゴシゴシと洗えば頭皮には大きな刺激が加わり、せっかく植えつけた毛包が抜け落ちてしまう可能性があります。

 

植毛した部位を避けてブラシを使用するのであればまだしも、治療を施した部分にはなるべく手を触れない方が良いのです。

 

成功率が非常に高く安全性に関しても問題ないと言われている自毛植毛でも、アフターケアの方法が間違っているだけで思わぬトラブルが引き起こされます。

 

頭皮の洗浄ブラシで力を入れて洗えば刺激が加わるのは少しイメージすればお分かり頂けるはずですし、薄毛の進行が促されてしまうかもしれないので避けた方が良いのです。

 

このサイトでご紹介しているTOMクリニック美容外科で施術を行った場合も同じで、生着率が95%というのは正しいアフターケアを行った場合に限ります。

 

経験と知識が豊富な優秀な医師に自毛植毛の施術をしてもらったとしても、自分の判断でブラシを使っていればその治療が無駄になってしまうのです。

 

いつ頃から以前と同じようにブラシを使って清潔に保つケアが行えるのか、TOMクリニック美容外科の医師にきちんと伺ってみてください。

 

 

>>> TOMクリニック美容外科の詳細はこちら

 

 

さて、自毛植毛の治療を受けた後でなければ、クレンジングブラシを使用して頭皮ケアを行うのは選択肢の一つとなっております。

 

シャンプーの時に多くの方は爽快感を得るために、メントール成分が入ったものを使ったり、爪でゴシゴシと洗ったりしているかもしれません。

 

しかし、爪を立てて洗うような洗髪の仕方は非常に危険で、頭皮を傷付けるとそこから細菌が入り込んで炎症や化膿を引き起こす原因となりますし、薄毛で悩む方は更に症状の進行が促されてしまうのです。

 

そこで、爽快感を得るために適したグッズがクレンジングブラシで、頭皮のマッサージも同時に行ってくれるため、血行不良を改善して抜け毛や薄毛を予防してくれます。

 

とは言え、100円ショップといった安いクレンジングブラシは質が悪く、ブラシの部分が硬くて爪でゴシゴシと洗っているのと同じような刺激が加わるのです。

 

そのため、適切なヘアケアを今後行っていきたいという方は、それなりに質の良いクレンジングブラシを使って頭皮環境を正常な状態で保つ工夫をしてみてください。


「自毛植毛のアフターケア」に関するページ