自毛植毛のアフターケア

自毛植毛のアフターケアについて

一度施術を受ければメンテナンスが必要なく、周りの髪の毛に馴染むということで自毛植毛は近年になって注目され始めました。

 

実際に、世界で注目されている薄毛の治療法が自毛植毛なのですが、クリニックで治療を受けたらオシマイというわけではなく、アフターケアもきちんと行わなければなりません。

 

どんなに安全なメスを使わない施術が取り入れられているクリニックだとしても、医療機関による手術である以上、思わぬトラブルが引き起こされることはあるので、アフターケアの体制が整っているところを選択するべきです。

 

信頼できるクリニックではしっかりと患者さんをサポートするためのアフターケアの体制が整っておりますし、無料で定期的に検診をしてくれるところもあります。

 

自毛植毛は高い費用を支払う治療行為なので、アフターケアが整っているのは当然だと考える方もいらっしゃるはずです。

 

しかし、「もう一度手術を受けましょう」「100%成功とは言えないので仕方ない」と無責任なことを言う悪徳業者は存在するため、自毛植毛の施術を受ける場合はクリニック選びが最も大事だと言えるのではないでしょうか。

 

「高い費用を支払って治療を受けた後に冷たい対応をされるのが怖い」という方は、TOMクリニック美容外科での施術をおすすめします。

 

薄毛の治療に不安感を抱える患者さんの気持ちを汲み取り、TOMクリニック美容外科では他のクリニックと比べて充実したアフターケアが実施されているのです。

 

それに、自毛植毛ではなく他のAGA治療に限った話ですが、毛髪再生医療を受けて効果が得られなかった場合、患者さんの治療費が全て返金される返金保証制度を取り入れているので、気軽にTOMクリニック美容外科を訪れてみてください。

 

 

>>> TOMクリニック美容外科の詳細はこちら

 

 

さて、他の薄毛の治療法と比べて自毛植毛は面倒なアフターケアが必要なく、一度植毛すれば自分の髪の毛に馴染ませることができます。

 

しかし、何もケアをしなくても良いというわけではなく、脱毛部位に植毛した髪の毛をより長く定着させるために、毎日の生活面で幾つかの点に注意しなければならないのです。

 

もちろん、信頼できるクリニックであれば今後の生活面で気をつけなければならない点を説明してくれるはずですが、念のためにアフターケアの方法について以下を参照しておきましょう。

 

 

移植当日から4日目

 

  • 当日の洗髪は避ける
  • 長時間の入浴は避ける
  • アルコールを控える
  • 運動は4日目まで避ける
  • 翌日以降はスプレーや弱いシャワーで軽く髪の毛を洗う
  • 洗髪後はタオルドライではなくドライヤーを使う

 

 

移植後5日目から13日目

 

  • ウォーキングといった軽い運動は可能
  • 毛根組織は既に定着しているので通常の洗い方も可能
  • ムースやジェルの使用は1週間後から
  • 頭を激しくこすらないように注意する

 

 

移植後2週間以降

 

  • 日常生活の制限はなくなるもののパーマやカラーは1ヶ月後に
  • 1ヶ月が経過するまでは同じように頭をこする動作を避ける

「自毛植毛のアフターケア」に関するページ